仕事を選ぶ理由を鑑みながら転職活動を行うノウハウ

興味の本位で志望する事を出来るだけ避ける

 仕事を選ぶ事を考える場合、これまでの仕事の経験に沿った業種に転職をする人が多いです。求人の門戸は広くなっていたとしても、非正規社員の求人が多くなっている事によって、正社員の転職に関しては依然として厳しいです。幾分求人の門戸が広くなったとしても、興味の本位で転職を希望するだけではビジネスマンとしての即戦力として期待が出来ません。仕事に興味を持つのは悪くないが、仕事の意欲やスキルを鑑みながら、戦力として期待できる職種や業種に手を付けていく事が重要です。

前職の仕事の経験を生かしながら仕事を選ぶ場合

 前職で似たような仕事の経験を採用担当者に対して、ただ単に伝えるだけではアピールの要素にならないです。仕事を選ぶ際に経験を全面的に出しながら転職活動をしていくと、応募先の会社から仕事に関する甘さを指摘される可能性があります。前職での仕事の環境などは、当然ながら転職先の企業と異なっています。仕事内容も異なる事を考えながら、転職先に応募する理由を振り返って、転職後を想定した厳しさなどの覚悟も持っておきます。

これまでに培ってきた知識などを生かす場合

 求人を出している企業に応募する場合、興味がある事は当たり前で、仕事を選んだ理由を志望動機と結びつけながらアピールする事が重要です。応募者が興味を持っている仕事の知識をアピールする事も重要ですが、採用を得るためには応募する企業の事業などを把握します。これまでの知識を結びつけながら、知識を会社にプラスに出来るようにアピールします。