転職活動からの経験と会社経営側からの視線

 私は今の会社で経営にまわって経営にかかわる前は人事部で仕事をしていました。この仕事に転職する前は実は、20代の時に10~15社は転職を繰り返した記憶があります。この経験が以外にも武器になりいきなりの人事部への入社になったそうです。この会社の前は飲食店、アパレルを経験し、配送や深夜のデータ入力などから、介護・販売・営業・企画・管理と多種多様な経験をしました。その中で転職することで職場環境が悪くなることなんてよくありました。こうなったら自分で環境を改善していくしかなくてそれは大変です。転職して青空絵になればいいですが大半の転職は思い描いたものとは別物と思い取り組んでください。

(参考サイトのご紹介)
20代の仕事探し情報
http://xn--20-083ap85ktka2c717p.com/

 経営に回った私の会社からの目線から申し上げると、仕事ができるできないは関係ない。仕事は継続していくことでできるようになるものですので、まったくの未経験でも努力を怠らない。その熱意が伝わるかです。そして自分の思い描いた仕事ではなくても受入れ仕事をする事ができるかが一番重要になります。この部分で雇った後やはり少し違った。こういう仕事をしたいのではなかったなどと理想を抱いていた人が離れることが多いので、その点で努力することをアピールいいですね。これらを加味して転職活動に当たればきっといい仕事や職場に恵まれると思います。